パスタの原型

イタリア料理の代表格ともいえるパスタ。パスタは小麦粉を水や卵などで練って作られる主食です。ではこのパスタは、イタリアではいつごろから食べられるようになったのでしょう。
起源ははるか昔、ローマ時代。ローマの人々の主食はプルスといわれる小麦粉の粥だったそうです。これはすでにパスタの原型であるといっても過言ではないのでしょうか。パルスにガルムという魚醤のようなものや、オリーブオイル、モスト由来の甘味料、蜂蜜などが調味料として使われていたそうです。2000年前と考えるととても高度な食文化だったとされています。
現在のパスタの原型、麺のようなパスタが生まれたのは12世紀頃からだとされています。その頃は当然手打ちの生パスタが主流でした。14世紀にはパスタの生産業者も出現したと言われています。
19世紀にはパスタの人工乾燥機なるものが登場し、パスタの生産性は飛躍的に向上していきました。乾燥をさせることによって長期間の保存も可能となり、世界各国へとパスタが輸出されるようになったのです。

イタリア料理の代表格ともいえるパスタ。パスタは小麦粉を水や卵などで練って作られる主食です。ではこのパスタは、イタリアではいつごろから食べられるようになったのでしょう。

起源ははるか昔、ローマ時代。ローマの人々の主食はプルスといわれる小麦粉の粥だったそうです。これはすでにパスタの原型であるといっても過言ではないのでしょうか。パルスにガルムという魚醤のようなものや、オリーブオイル、モスト由来の甘味料、蜂蜜などが調味料として使われていたそうです。2000年前と考えるととても高度な食文化だったとされています。

現在のパスタの原型、麺のようなパスタが生まれたのは12世紀頃からだとされています。その頃は当然手打ちの生パスタが主流でした。14世紀にはパスタの生産業者も出現したと言われています。

19世紀にはパスタの人工乾燥機なるものが登場し、パスタの生産性は飛躍的に向上していきました。乾燥をさせることによって長期間の保存も可能となり、世界各国へとパスタが輸出されるようになったのです。