イタリアの食文化はどのように発展したのか

古代ローマ時代、人々はたくさん食べることを豊かさの象徴として捉えていました。そのため、権力や財力を持っていえる人たちは、食べるために吐き、吐いてはお腹を空にして、また食べるというようなことを繰り返していたそうです。
貴族たちの間では、腕利きの料理人を呼んで、料理を客にふるまうということも流行したそうです。そうして料理人同士が腕を競い合うことで切磋琢磨し、その中でどんどん優れた食文化が生まれていったそうです。
中世に入りますと、ヨーロッパ諸国ではあちこちで戦争が始まります。その間にもイタリアはいち早く東の地域の国との交易を行い、商業を発展させていきました。イタリアに入った商品や食文化などが、次は軍人たちの遠征などで他の国へと持ち込まれ、その国の食文化に影響をもたらすようになるのです。チーズは軍人の携帯用の食事だったとされています。軍人の手によってチーズがヨーロッパ全土に広まっていたのですね。

古代ローマ時代、人々はたくさん食べることを豊かさの象徴として捉えていました。そのため、権力や財力を持っていえる人たちは、食べるために吐き、吐いてはお腹を空にして、また食べるというようなことを繰り返していたそうです。

貴族たちの間では、腕利きの料理人を呼んで、料理を客にふるまうということも流行したそうです。そうして料理人同士が腕を競い合うことで切磋琢磨し、その中でどんどん優れた食文化が生まれていったそうです。

中世に入りますと、ヨーロッパ諸国ではあちこちで戦争が始まります。その間にもイタリアはいち早く東の地域の国との交易を行い、商業を発展させていきました。イタリアに入った商品や食文化などが、次は軍人たちの遠征などで他の国へと持ち込まれ、その国の食文化に影響をもたらすようになるのです。チーズは軍人の携帯用の食事だったとされています。軍人の手によってチーズがヨーロッパ全土に広まっていたのですね。