イタリア人とトマトの出会い

イタリアのカラーーといえば「赤」と連想してしまうぐらい、イタリア料理に欠かせないものがトマト。でもトマトはイタリアの地に昔からあったわけではないのです。
さまざまな要因によってヨーロッパでもっとも食文化の深い国となったイタリアですが、18世紀から19世紀にかけて、大きな変化を遂げます。そのきっかけとなったのが、16世紀の大航海時代にナポリにたどり着いた「トマト」だと言うのです。コロンブスが新大陸を発見し、南米などからトマトやジャガイモを持って帰ってきました。トマトも最初は観賞用でしかありませんでしたが、徐々に食用として育てられるようになってきました。
トマトが食用としてたくさん出回るようになるころと時を同じくして、パスタの工業化も進み、次第にトマトとパスタが一緒に料理されるようになってきたのです。今ではパスタにかかすことのできないトマトソースも、18世紀になってから盛んに作られ食べられるようになりました。

イタリアのカラーーといえば「赤」と連想してしまうぐらい、イタリア料理に欠かせないものがトマト。でもトマトはイタリアの地に昔からあったわけではないのです。

さまざまな要因によってヨーロッパでもっとも食文化の深い国となったイタリアですが、18世紀から19世紀にかけて、大きな変化を遂げます。そのきっかけとなったのが、16世紀の大航海時代にナポリにたどり着いた「トマト」だと言うのです。コロンブスが新大陸を発見し、南米などからトマトやジャガイモを持って帰ってきました。トマトも最初は観賞用でしかありませんでしたが、徐々に食用として育てられるようになってきました。

トマトが食用としてたくさん出回るようになるころと時を同じくして、パスタの工業化も進み、次第にトマトとパスタが一緒に料理されるようになってきたのです。今ではパスタにかかすことのできないトマトソースも、18世紀になってから盛んに作られ食べられるようになりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>